闇金借金問題の電話相談窓口 一覧(無料)

闇金の借金問題で悩んでいる人、困っている人は相談してください。
無料の相談窓口です。

エストリーガルオフィス 0120-735-072
相談窓口:エストリーガルオフィスの闇金相談はこちら

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685
※即対応、即日解決のケースも多いです

 

 

闇金融はどのような人をターゲットにしているのか?

基本的には、お金に困っている人なら誰でもターゲット、といったとこでしょう。
フリーターでも、無職でも、主婦でも、ブラックリストに載っている人でも、自己破産した人でも、多重債務者でも。

闇金に融資を申し込んでくる人のほとんどは、なんらかの事情で、まともな貸金業者からお金を借りられない人です。
プロミス、アコム、アイフルといった消費者金融から借りられない人。クレジットカードのキャッシングもできない人です。
限度額いっぱいまで借りているか、ブラックリストに載っているのどちらかでしょう。
まれに、まともな貸金業者から借りられるのに、なぜか、闇金から借りてしまう人もいるようですが。

「ブラックリストに載っている人に貸して大丈夫なのか?」と思った人もいるでしょう。
勿論、闇金は「回収できる」と判断したからブラックリストに載っていても金を貸すわけです。
当然、ブラックリストに載っている人は返済が滞るというリスクが高いので、小口の貸し付けだったり、利子を高くした貸し付けになるでしょう。

多重債務者や自己破産した人のリスト(名簿)を手に入れ、ダイレクトメールを送り、営業をしている闇金融もあります。

ブラックリストとは?
「ブラックリスト」という名簿が存在するわけではありません。
事故情報や延滞情報が金融機関の個人信用情報に登録されることをいいます。
消費者金融への返済や、クレジットカードの支払いが滞ったりするとブラックリストに載ることになります。

多重債務者とは?
多重債務とは、複数の貸金業者からお金を借りていること。借入先が5件以上になると多重債務ということになります。
多重債務者とは、多重債務に陥っている人のこと。つまり、借入先が5件以上ある人のことです。

無職でも借りられるのか?

いくら闇金でも無職だと融資を断るところが多いようです。
昔の闇金だと無職でも貸し付けていました。勿論、それなりに利息を高くしますが。
最近は、ネットで客が集まるためか、無職だと断るようです。
これは、当然、飛ぶ確率が高いからです。
職に就いていれば、収入があるので、返済する。
また、職に就いていれば、職場への嫌がらせを恐れて、返済する。
逆に、職に就いていないと、収入がないので返済できないし、職場への嫌がらせを恐れる必要がないので返済しなくなる。
だから、無職の人には貸付を断るのです。